美容整形ならどのタイプの二重にもなれる!口コミで人気の施術とは?

施術後の状態

カウンセリング

ダウンタイムの目安

二重まぶたの美容整形を受けた後には、ダウンタイムといって痛みや腫れが引き、日常生活に戻るまでの期間が必要になります。埋没法の場合は、施術後3日~1週間ほど痛みや腫れが続きます。内出血が出る方もいますが、口コミでは「赤系や紫系のアイシャドウでカバーできた」という声も見られました。このようにメイクで隠せるので、あまり気にすることはありません。ただし、メイクや洗顔は施術翌日からしかできないので注意しましょう。シャワーであれば施術当日から、湯船に浸かるのは翌日から可能ですが、痛みが出たりしみると感じたりした場合は数日ほど様子を見るようにしてください。最近ではコンタクトレンズを使用している方も多いですが、埋没法の美容整形を受けた後は、2日ほど使用を控える必要があります。目に負担をかけないようにするためにも、その間は眼鏡を利用してください。
切開法の美容整形を受けた後は、もう少しダウンタイムが長くなります。痛みや腫れは1~2週間ほど続きます。施術後から数日は熱っぽさを感じることもあるので、傷口を濡らさないように注意しながら冷やすと良いでしょう。メイクや洗顔は施術から1週間ほど経てば可能です。施術を受けた方の口コミを見てみると、「年末年始の長期休みの間に施術を受けた」「マスクと眼鏡でカバーした」というように、様々な工夫がされていました。シャワーは施術当日から、湯船に浸かるのは2日後から可能ですが、目元を強くこすらないように注意しましょう。切開法の美容整形を受けた場合、抜糸するまでコンタクトレンズは使用できません。医師からも指示があるので、ダウンタイムの期間はきちんと確認しておきましょう。

施術前後の注意点

二重まぶたの美容整形を受けるときには、施術の前後で注意すべきことがあります。まず施術の前日~当日は、飲酒をしないようにしてください。飲酒をしてしまうと、施術後の腫れや内出血が強く現れる可能性があるので控えましょう。また、埋没法・切開法に関わらず、施術後1ヶ月ほどは激しい運動やマッサージを控えてください。二重のラインを定着させるためにも、施術箇所は刺激しないように過ごさなければいけません。そのため、運動やマッサージのほかに、目元を触ることも避けましょう。さらに、施術後は目が疲れないような工夫も大切です。施術を受けた方の口コミを見てみると、「施術当日はスマホやパソコンの利用を控えた」という声や「いつもよりも早く寝るようにした」など、目に負担をかけないように行動していたようです。目元に刺激を与えたり負担をかけたりしてしまうと、理想の二重のラインが定着しない可能性も出てきます。二重まぶたの美容整形を成功させるためにも、口コミの声も参考にしながら施術前後の期間を工夫して過ごしてください。

Copyright© 2019 美容整形ならどのタイプの二重にもなれる!口コミで人気の施術とは? All Rights Reserved.